手作り秘湯を独り占め!北海道八雲町の山奥にひっそりと佇む磐石温泉

こんにちは。

北海道は道南、八雲町のライターよっちゃんです。

北海道は温泉の宝庫。有名な登別温泉や定山渓温泉など温泉郷もたくさんありますが、大自然の中にポツンと佇む秘湯や野湯も実はたくさんあるんです。

そこで今回は南北海道に位置する八雲町の超山奥にひっそりと佇む屋内秘湯を紹介します。

手作りプライベート温泉「磐石の湯」

「磐石山荘」や「磐石温泉」、「磐石の湯」などと呼ばれているこの秘湯は八雲町の落部地区から厚沢部町や江差町方面に向かって車で進んだ先にある上の湯と呼ばれる地域にあります。

秘湯や野湯は露天風呂のイメージが強いですが、この八雲町の秘湯は内湯です。
とは言っても、温泉施設のようなしっかりした作りではなく、トタンなどを組み合わせて作った戦後のバラックのような建物です。

というのも実はこの磐石温泉は、完全に手作りで作られた温泉なんです。

オーナーの森岡さんによると、森岡さんのおじいちゃんが昔この上の湯地区に住んでいて、「死ぬ前に自分の温泉を作りたい」という想いから温泉を掘ってみたら見事当たったそう。

そこで湯船から脱衣所、建物全体を全ておじいちゃんと息子さんや友達の助けなどを借りて手作りで作ったそうです。

写真からも伝わるように、普通の温泉施設にはない手作りの味がとても出ています。

そして完全プライベートの温泉ができた後、自分だけが使うのはもったいないということで、一般向けに開放しました。

なので、今では無人で24時間365日いつでも入れる温泉になっているわけです。

いつまでも体がぽかぽか!極上の泉質を楽しめる磐石の湯!

八雲町の秘境温泉「磐石山荘」に一度でも入った人はわかると思いますが、泉質が最高です。もちろん源泉掛け流しの温泉は、一度入ったらしばらく体がポカポカしていて保温効果抜群です。

ちょっぴり塩分があり鉄分の匂いも感じられる柔らかいお湯は、オーナーによると、近くにある有名な温泉旅館「銀婚湯」と同じ泉質なんだそう。銀婚湯は「日本一の泉質」と言われるくらい泉質の高さが有名な温泉なので、磐石の湯もかなり良い泉質ということですね。

さらに、浴槽がそこまで大きくないので基本的には1人もしくは1組しか入れないので貸切状態で楽しめるのも魅力の1つです。駐車場に車があれば中に入らず外で待っているのがここの暗黙のルールです。

利用者の感想ノート。よく見ると掃除していったとの記載が多数!

利用者のマナーもとても良いのもまた磐石温泉の特徴で、中には浴槽や脱衣所を掃除していってくれる人も結構いるんだとか。オーナーの森岡さんは定期清掃などは行ってないと言っていましたが、いつも浴槽や脱衣所が綺麗に保たれているのは利用者がしっかり清掃してくれるからなんですね。

八雲町の広大な自然環境と秘湯

磐石温泉は泉質や建物の雰囲気だけでもとっても癒されますが、その周りにある大自然にもかなり癒されます。

温泉があるのも電波が届かないくらいの山奥で、周りには建物が1つもありません。

温泉横には岩魚がよく釣れる小川が流れていて、その後ろには磐石岳と呼ばれ登山もできる素晴らしい山がそびえています。

この大自然の景観は四季によって様々な色を出してくれるので、季節ごとにまた違った風景を楽しめるのも魅力です。

個人的には冬が温泉も景色も最高に楽しめるのでおすすめです。

磐石温泉の今後の展開

この素晴らしい温泉を今後どうしていきたいのかオーナーの森岡さんに聞いて見ました。
※ちなみに森岡さんはすぐ近くの八雲町落部地区で農業を営んでいます。

もちろん、今のように喜んでもらえる人がいる限り一般開放は続けたい。でもできるならもっと多くの人にここの魅力を知ってもらいたいという気持ちもあり、温泉だけでなく、温泉周りの土地や自然環境ももっと楽しんでもらいたい。そして老化してきている建物をそのうち修繕していくためにも一般開放の他に、温泉付きのキャンプ場としての貸し出しや、川釣り、BBQ、山登りなどのアクティビティーの提供も有償で行っていきたいと話していました。

確かにあの建物を修繕するにはそれなりのお金はかかりますし、温泉以外の素晴らしい自然環境を楽しむ仕組みがあったら素晴らしいなと思います。

そのためには有料でもある程度仕組みを作ってそれを売っていくというのも大事だなと聞いていて思いました。むしろ有料だからこそ提供できる価値のあるサービスが生まれたら元々の素材が最高なだけに最強クラスのサービスになるだろうなとワクワクします。

まずは近々温泉付き貸切キャンプ場「磐石の森」をやってみたいとのことでしたので、キャンプ場ができたらまた改めて取材して紹介できればと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

北海道には様々な秘湯が存在しますが、八雲町にある磐石温泉は他の野湯とはまた違った特徴があります。

それぞれの秘湯が持っているストーリーも知っていると入浴の楽しさが倍増するので秘湯に行く際は事前に色々調べていくのがおすすめです。

今後この温泉を活用した様々な体験型の商品が生まれてくると思われますので楽しみにしたいと思います。

ライターのよっちゃんとその友達

The following two tabs change content below.
アバター

よっちゃん@八雲