誕生日ケーキ買うならココ!東区にあるマカロンとデコレーションケーキが凄いお店「バースデーイヴ 札幌店」

サツルベでははじめてのケーキ屋さんの紹介!友達・恋人・家族の誕生日のお祝いにはケーキが欠かせませんが、口コミはじめ、食べログでも高評価を得ている東区にあるパティスリー「バースデーイブ 札幌店」に行ってきたので紹介します!

「バースデーイブ」はどんなお店?

ホームページにはこう書かれています。

マカロンの種類が20種類と豊富で、月限定のマカロンもご用意しています。マカロン生地の食感や味のバリエーションの豊富さを楽しめます。
店内は自然光が差し込み開放感がありイートインスペースもご用意しておりますので、ソフトクリームやパフェ等もあります。親しみやすく落ち着いた雰囲気で寛げます。本店にはない、札幌店オリジナルのケーキを作っています。

引用:『バースデーイヴ』公式ホームページ

バースデーイヴを一言で表すとマカロンのお店になるんでしょうか。

マカロンのお店って札幌では珍しいかもしれないですね。

20種類以上あって選ぶのだけでも楽しそう!

閉店間際に行ったんですが、かなり売れてますね!

ただ口コミや食べログで高評価の理由はマカロンだけじゃありません。

デコレーションケーキがすごい!

「バースデイイヴ」という店名からも想像できるように、ここのお店はケーキが凄いんです!

はいかわいい!

お祝いじゃなくても食べくなりますね!

右上の生デコレーション食べたんですが、ほんとに他のお店のと違いますよ!

生クリームの甘さを抑えてる分、スポンジが甘めになっていてそのバランスが絶妙!

友人もこれはほんとに美味しいと絶賛してました。

しかしここのケーキの凄さはそれだけじゃありません。

子供が喜ぶキャラクターケーキが頼めるんです!

こーゆうのほんと嬉しいでしょうね!

僕が子供だったら間違いなくジュウレンジャーかカクレンジャーを頼んでましたね~。

種類が豊富なお菓子やスイーツ

つい手が伸びちゃいそうなかわいいパッケージのお菓子がたくさんあります!

もうこのお菓子たちは幸せオーラしか放ってません。

そのほかにもタピオカドリンクやソフトクリームもあるので、ドライブの時とかにちょろっと寄るのも全然ありです!

最近では季節に合わせてホットチョコレートもでてます!

そのためのイートインスペースも充実してます。

季節限定のパフェがあったり一時期はマカロンの食べ放題があったりと、お客さんを喜ばせる努力に余念がありません。

もう文句のつけようがない、素敵なお店でした!

お祝いのケーキを買う時やドライブの時など、ほんとに行ってほしいです。生デコレーションケーキを食べてほしいです。

店舗情報

場所はここ。

89号線沿い、交差点にあります。

行くなら完全に車ですね。街中からも近いです!

バースデーイヴ 札幌店

【営業時間】9:00~19:30 / 10:00~19:00(日・祝)

【ラストオーダー】19:00

【定休日】水曜日

【住所】札幌市東区北二十二条東8丁目1-1 

【電話番号】011-711-1115

【駐車場】あり

【ホームページ】バースデーイヴ 札幌店

 

Facebookはこちら→菓子工房バースデーイヴ札幌店

ブログはこちら→Birthday Eve 札幌店のブログ

 

余談ですが北見にも店舗があります。

今はハロウィン仕様で期間限定の商品がたくさん出ていますのでぜひ行ってみてください~!

読んでいただきありがとうございました♪

こんな素敵でかわいいお店を、メンズの僕が紹介したことをお許しください。

 

The following two tabs change content below.

R.H

Super hyper ultra positive 人間。 世界を旅して、もっと自由に、もっと楽しく生きようと思った結果、ブロガーという働き方に辿り着く。 とカッコつけて言ってみたものの、実はちょっとアルバイトを掛け持ちしただけでそっこーストレス性の病気を患い、自分のやりたいことだけやって生きようと決めたことの方がきっかけとしては大きい。 「北海道から世界をカエルベ!」をコンセプトとしたブランディング事業も経営。 最終的にはマザーテレサのような人間になりたいとわりと本気で思っている。

ABOUTこの記事をかいた人

Super hyper ultra positive 人間。 世界を旅して、もっと自由に、もっと楽しく生きようと思った結果、ブロガーという働き方に辿り着く。 とカッコつけて言ってみたものの、実はちょっとアルバイトを掛け持ちしただけでそっこーストレス性の病気を患い、自分のやりたいことだけやって生きようと決めたことの方がきっかけとしては大きい。 「北海道から世界をカエルベ!」をコンセプトとしたブランディング事業も経営。 最終的にはマザーテレサのような人間になりたいとわりと本気で思っている。