本格的な京都の鳥料理とこだわりのお酒が魅力の鳥料理専門店「京都鳥せゑ 札幌本店」

鳥料理専門店って中々めずらしいですが、すすきのにお店を構える「京都鳥せゑ 札幌本店」の魅力はおいしい鳥料理だけではありません。一度行けばまた行きたくなる「京都鳥せゑ」の魅力を紹介します!

 

場所はここ

すずらんビルの別館の方です。

36号線沿いにお店につながるエレベーターがあります。

お店のビルの前から(西側)

お店のビルの前から(東側)

お店のビルの前から(南側)

 

入り口から京都感出てます。

中もこんな感じでTHE 和。THE 京都。

入ったときはめっちゃ混んでて活気ありました。

個室いいも感じです。掘りごたつ。

とにかく空間が最高なのが「京都鳥せゑ 札幌本店」。

ほんとにまじでがちできれいです。

 

メニュー

開くと・・

「京都鳥せゑ 札幌本店」の想い

メニューにしっかりこうゆうこと書いてるお店ってほんとにいい店。

ご飯も内装も接客もすべてレベルが高いお店が多いです。

 

お酒にもこだわっているのもここのお店の魅力。

ビールはエクストラコールド、ハイボールはフリージングハイボールが用意されています。

日本酒梅酒もあまり見かけないものが多いです。

ワインにもこのこだわり

飲み放題はありません。

ゆっくりこだわりのお酒を楽しんでください。

 

そして料理。

鳥料理専門店なのでほぼ鳥料理です。

ただその鳥をおいしく食べるためのメニューやこだわりをたくさん感じました。

 

その一つがこの薬味。

これは粋ですねー。

山椒、七味とうがらし、大根おろし

メニューに書くくらいこちらもこだわってます。

焼き鳥がメインなので焼き鳥用かと思いますが、どの料理にも合わせれますね!

薬味ですがしっかり味わってほしいと思います。

 

こちらがマストで頼んでほしい「京都鳥せゑ」の代名詞うす造り(税抜710円)

鳥のお造りは初めてでしたが感動の美味さ。

そして上品。

新鮮な鳥じゃないとこうは作れないそうです。

しょうゆかポン酢と一緒に食べてください。

おすすめは断然しょうゆです!

 

厳選!おまかせ12串セット(税抜1960円)

これもマストで頼んでほしいですね。

焼き鳥はもちろんなんですが、田楽串もめっちゃうまいです。

 

もろきゅう(税抜380円)

間違いない。

たかがきゅうり、されどきゅうり。

 

とり皮ポン酢(税抜420円)

さっぱりしてます。

当然のようにうまい。

レモンをちょろっとかけてどうぞ。

 

もものから揚げ(税抜650円)

シンプルでうまい。

お店の料理のクオリティがわかるのって意外とこうゆうシンプルな料理なのかも。

 

大根サラダ(税抜590円)

こんなみずみずしいサラダってあったの!

ってくらい野菜が新鮮でうまい。

しょうががのってる和風の大根大根サラダ。

 

ぜいたく温麺(税抜790円)

読み方は「うーめん」です。

宮城県白石市の特産品の「うーめん」をアレンジしたもの。

〆に最適です。

優しい味。

特製の鳥スープがまたしみますねー。

 

今回は頼みませんでしたが、デザートも京都らしいですね。

 

全然頼めなかった料理がたくさんあるので、また行こうと思います!

スタッフさんも着物着ててお堅い感じかなと思いきやめちゃめちゃ気さくで楽しませてくれました。

そこもいい。

雰囲気良すぎだし、きれいだし、酒も料理もこだわり抜かれててコストパフォーマンス高すぎだなって感じました。

値段は高そうに見えて全然そんなことないですし、店決めで迷ったらぜひ「京都鳥せゑ 札幌本店」へ!

 

京都鳥せゑ 札幌本店

【営業時間】17:00~翌1:00

【定休日】日曜

【住所】札幌市中央区南四条西4 すずらんビル別館 5F

【電話番号】011-213-0968

【喫煙】全面喫煙可

【ホームページ】食べログ | 京都鳥せゑ 札幌本店

 

The following two tabs change content below.

R.H

Super hyper ultra positive 人間。 世界を旅して、もっと自由に、もっと楽しく生きようと思った結果、ブロガーという働き方に辿り着く。 とカッコつけて言ってみたものの、実はちょっとアルバイトを掛け持ちしただけでそっこーストレス性の病気を患い、自分のやりたいことだけやって生きようと決めたことの方がきっかけとしては大きい。 「北海道から世界をカエルベ!」をコンセプトとしたブランディング事業も経営。 最終的にはマザーテレサのような人間になりたいとわりと本気で思っている。

ABOUTこの記事をかいた人

Super hyper ultra positive 人間。 世界を旅して、もっと自由に、もっと楽しく生きようと思った結果、ブロガーという働き方に辿り着く。 とカッコつけて言ってみたものの、実はちょっとアルバイトを掛け持ちしただけでそっこーストレス性の病気を患い、自分のやりたいことだけやって生きようと決めたことの方がきっかけとしては大きい。 「北海道から世界をカエルベ!」をコンセプトとしたブランディング事業も経営。 最終的にはマザーテレサのような人間になりたいとわりと本気で思っている。