知る人ぞ知る和牛王国!白老にある「ファームレストランウエムラ」

札幌から車で約2時間、白老の奥地にひっそりとたたずむ和牛王国ウエムラ。そんな和牛王国の中に、極上の白老牛が堪能できてお客さんを王様扱いするレストランがあった。

 

和牛王国は白老の奥地の山に囲まれた中にあります。

ところどころにある看板をたどっていくと辿り着きます。

札幌から高速使うと1時間ちょっとで着きます。

 

和牛王国の中はこんな感じの大きな牧場。

たくさんの牛たちがいます。

ここで大事に育てられた牛は、白老牛No.1の称号を獲得してますので、おいしくないわけないんですね。

和牛王国の中はレストランのほか、直売所や休憩所、BBQができるところもあります。

 

店内は緑が見える素敵な空間。

木がたくさん使われていて優しい空間です。

こだわりの表明。

このお客さんを1番に考えた「こだわり」がこのお店最大の特徴です。

 

メニューは大きく分けるとステーキ、ハンバーグ、ビーフシチューといったところです。

値段は平均的に高めです。

高いものは結構します。

 

メニューを決めると 、それぞれのメニューに合わせてこだわりやおいしい食べ方などが書かれた紙が渡されます。

まずこれ読んだ時点で食事がさらに楽しみになります。

すごい。

 

それと一緒に、待ち時間を退屈させないためのクイズが書かれた紙が渡されます。

こんなお店ありますか?って感じ。

お客さんを退屈させないためにって考えて実際の形にしているあたり、まじで感動しました。

食事以外でもお客さんを感動させれるんだなという。

お客さんを王様と捉えるという表明にウソはありませんでした。

しかもこのクイズ、お店の中にあるものを探すというもので普通におもしろい。

 

来た人全員に最初に出されるのがこの牛テールスープ

ためいき。

よく優しい味とか言うが、ほんとに自然のものにこだわったこのスープには驚きました。

この感覚は忘れられないです。

なんかわからない人にはわからなそうだけど。

こんなすごいものを味わう機会って中々ないから、純粋にうれしいです。

 

今回頼んだのはステーキ丼。だいたい2000円くらい。

ねぎとゴマがたっぷりのってて真ん中に山わさび。

タレは濃くなくてこれまた優しい味。

タレがしみ込んだご飯も最高。

肉ももちろんおいしいです。

ご飯の大盛りもできます。

 

炎の王様チーズハンバーグセットを頼むと店員さんがチーズをファイヤーしてくれます。

この演出もまた粋。

 

食べ終わったあとは隣の建物のソフトクリーム食べてみてください。

ここのソフトクリームは巻かれてません。

巻かれてないということはすぐに垂れてくるんですが、それは添加物が入っていない証拠。

これもこだわりですね。

濃厚だしお肉のあとにサッパリさせてくれますし、やっぱりおいしい。

ここの建物で白老牛を使ったハンバーガーも売ってますのでそちらもぜひ!

 

 

おいしいだけじゃなく、心まで満たしてくれる「ファームレストランウエムラ」。

ここはまじでオススメします!

これだけを目的に白老まで行くのも全然ありです。

ゆっくりとここの雰囲気とたくさんのこだわりがつまった食事を堪能してください。

 

ファームレストランウエムラ

営業時間 11:00~18:00

住所 白老郡白老町字石山109-20

電話番号 0144-83-4929

公式ホームページ ファームレストランウエムラ

 

The following two tabs change content below.

R.H

Super hyper ultra positive 人間。 世界を旅して、もっと自由に、もっと楽しく生きようと思った結果、ブロガーという働き方に辿り着く。 とカッコつけて言ってみたものの、実はちょっとアルバイトを掛け持ちしただけでそっこーストレス性の病気を患い、自分のやりたいことだけやって生きようと決めたことの方がきっかけとしては大きい。 「北海道から世界をカエルベ!」をコンセプトとしたブランディング事業も経営。 最終的にはマザーテレサのような人間になりたいとわりと本気で思っている。

ABOUTこの記事をかいた人

Super hyper ultra positive 人間。 世界を旅して、もっと自由に、もっと楽しく生きようと思った結果、ブロガーという働き方に辿り着く。 とカッコつけて言ってみたものの、実はちょっとアルバイトを掛け持ちしただけでそっこーストレス性の病気を患い、自分のやりたいことだけやって生きようと決めたことの方がきっかけとしては大きい。 「北海道から世界をカエルベ!」をコンセプトとしたブランディング事業も経営。 最終的にはマザーテレサのような人間になりたいとわりと本気で思っている。