北海道の夏フェスの総まとめとフェスに必要な本当におすすめの持ち物一覧

北海道の夏は短い!そして暑い(最近特に)!そんな北海道の夏を彩ってくれるのが夏フェス!みんな知ってるメジャーなフェスからあまり知られていないマイナーなフェスまで一挙に紹介!そんなフェスには欠かせないおすすめの持ち物も紹介しちゃいます!

 

北海道の夏フェスまとめ


北海道のフェスは自然豊かさな景観を生かしたものから、泊りがけでアウトドアを楽しめるものまで様々です。

そのほとんどが札幌から車で行ける場所で行われているからいいですね!

フェスによって音楽のジャンルもさまざまなので、楽しめるものが見つかるはず!

行ったことない人もいると思いますが、フェスの楽しみ方は人それぞれなので、とにかく行ってみて空気感や楽しさを感じてもらえればと思います。

 

森のカフェフェス in ニセコ


出典:cafeandmusic.com

かわいらしい世界観がを醸し出すニセコのフェス。

森の中でのフェスとは北海道ならでは。

カフェフェスということで、お酒というよりはコーヒーを飲みながら音楽を楽しむというもので、自然やアウトドア好きにはたまらないでしょう!

結構コアなアーティストが出演するそうなのでチェックしてみてください。

残念ながら今年は悪天候により中止になったそうですが、毎年6月の後半に開催されます。

公式ホームページ http://cafeandmusic.com/2016niseko/

 

SAPPORO CITY JAZZ


出典:northnavi.com

札幌の大通公園で約2カ月にわたって開催される国内最大級のジャズのフェス。

参加バンド数はなんと360組超の「パークジャズライブ」や、ジャズと食事を楽しめる「サッポロミュージックテントライブ」、ジャズ界のトップアーティストが一堂に会す「ノースジャムセッション」などが行われます。

ジャズに馴染みがない人でもお酒飲みながら楽しめるので行ってみる価値ありです!

ジャズを通じた教育活動や企業・団体とのコラボなどのプログラムもあり、街づくりに大きく貢献しています。

今年は7月2日~8月26日まで開催。

公式サイト http://sapporocityjazz.jp/

 

パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)


出典:https://www.pmf.or.jp/

約1カ月の間札幌を中心とした北海道の主要都市で開催されるクラシックフェス。

国際教育音楽祭というだけあって、世界的にも有名な指揮者がきます。

クラシックってなじみがない人多いと思いますが、生で聞けるこの機会に行ってみるのをおススメします!

今年の開催は7月8日から8月1日の開催。

公式ホームページ https://www.pmf.or.jp/

 

GANKE FES


出典:http://uroros.net/festivalnews/20796/

新得町で開催される音楽、アート、食、アクティビティなどを丸ごと体験できるフェス。

有名なアーティストからDJ、イラストレーターなどが盛り上げてくれます。

北海道の自然を生かした色んな体験ができるため、ほんとにおすすめ!

今後もっと大きなフェスになる予感しかしません。

毎年7月2週目の土曜日に開催。今年の開催はおわりました。

公式ホームページ http://www.ganke-fes.com/

 

JOIN ALIVE


出典:https://www.barks.jp/keywords/joinalive2017.html

岩見沢で開催される北海道トップクラスのフェス。

全国的に有名なアーティストがこぞって出演します。

ステージが4つあるほか、遊園地で遊べたり、キャンプができるのも、JOIN ALIVEの魅力!

毎年7月3週目の土日に開催。今年は15、16日です。

公式ホームページ http://www.joinalive.jp/2017/

 

RISING SUN ROCK FESTIVAL

出典:http://rsr.wess.co.jp/2017/

石狩湾新港で開催される北海道を代表する日本最大級のフェス。
トップアーティストが見られるのはもちろんですが、キャンプをしたり、BBQをしながら音楽を楽しめる贅沢なフェスです。

ステージがたくさんあって移動が大変ですが、友人や家族と行くと間違いなく楽しめます。

夜通しライブをやっていて、朝日とともに聴く音楽がまたたまらない!

今年の開催は8月11日と12日。

公式ホームページ http://rsr.wess.co.jp/2017/

 

波音

小樽ドリームビーチで開催されるクラブ・レゲエフェス。

海でのフェスは波音が北海道唯一じゃないでしょうか。

海・酒・音を楽しめます!

毎年開催時期はバラバラで、今年の開催日は不明。

 

活性の火


出典:https://activefire14.jimdo.com/

苫小牧駅前通りで開催される全会場入場無料のロックフェス。

苫小牧の人たちが街に活気を取り戻そうと取り組んでいます。

知ってるバンドもちらほらいるし、ロックやバンドが好きな方にはたまらない!

今年は8月26日、27日の開催。

公式ホームページ https://activefire14.jimdo.com/

 

LOVETOYA


出典:http://love-toya.com/news/897/

洞爺湖近くの大自然で開催されるゆる~いフェス。

フェスの中ではちょっと異色で、旅人とか、自然好きの人たちが集まってます。

山に囲まれた景色が最高だし、普段はなかなか聴けないピースフルな音楽を楽しめますよ!

毎年7月に開催していましたが、今年は9月2日と3日の開催です。

公式ホームページ http://love-toya.com/

 

BIG FUN


出典:https://jp.residentadvisor.net/news.aspx?id=30678

札幌南区の八剣山果樹園で開催されるダンス系クラブフェス。

この場所は山に囲まれていて、小さな池もある自然豊かなところが魅力。

札幌で開かれる貴重なフェスですので、気になる人は行ってみてほしいです!

今年の開催日は不明。

 

TOBIU CAMP


出典:shiraoi-webmaga.net

白老で開催されるアートと音楽を融合したフェス。

子供たちがもう一度森で遊べて、人々が集まる場所を作ることを目的に始まりました。

地方の過疎地ならではの問題を抱えるからこそ、このフェスへの思いの強さが伝わってきます。

森の中でアートに触れたり音楽を聴いたりキャンプをしたりできる素敵な時間が過ごせるはず!

今年の開催は9月9日から10日の2日間。

公式ホームページ http://tobiucamp.com/

 

 

フェスに持っていきたいおすすめの持ち物一覧


夏フェスはなにより暑さや熱中症対策が大事ですが、見た目も気にしたり、突然の悪天候に備えなければならなかったりと大変です。

そんなフェスに欠かせないもの、あったら便利なものをまとめました!

ただし荷物が多すぎると運ぶとき辛いので、必要なものを厳選していくのがいいでしょう。

今回は、数ある商品の中からオススメのもの、評価が高く人気なものを選んでます!

 

【熱中症対策編】

女性にうれしい熱中症対策+砂埃ガード+日焼け防止と3役の大活躍!ネックガード

これは便利!

一番冷やしたい首元を冷やせるし、砂埃は防げるし、首元の日焼けも防げる。

フェスに大活躍しそうな商品です!

想像以上に良かったです!呼吸が苦しいかな❓と少し心配でしたが生地のヒンヤリ感もあるし、ピタッと密着しすぎなくて化粧落ちも心配ない感じで大満足♡もう1枚買いたいと思ってます!

出典:Amazon

数回振ればまた冷んやりな優れもの!クールタオル

これはいいですね。

サッカーのキングカズも愛用とのこと。

フェスにタオルはマストなので、せっかくなら冷んやり気持ちいいこのタオルを使ってみてください!

夏の野外ライブに持っていける軽くて扱いやすいタオルを探していました。ネットで高評価の商品を検索していてこれを見付けて購入。今なら安価という事でプレゼント用にもと思い4色買いました。
薄くて軽くて手触りが良いです。色もきれい。
早速水で濡らしてブンブン振り回して首にかけると氷のような冷たさで気持ちいい~!予想以上に使えそうです。

出典:Amazon

体にかけて直接冷やす!ボディウォーター

直接冷やすのもひとつの手。

ということで1番効果があると言われるこちらの商品紹介しました!

ただし肌の弱い方にはあまりおすすめしません。

す…….すごいっ!!!

ギャッツビーのボディシートを気に入って使っていましたが、今年初めてこのスプレーを購入しました。
シートは拭いた瞬間は確かにスーっとして気持ち良いけど、持続時間はほんの5分10分程度です。

ところが!
このスプレーは、測ったわけではないですが感覚として小一時間はスーっとしてます!
進めた友達は軒並みビックリしていました。

※かなり刺激が強く、皮膚の薄い部分は痛いくらいです。
一緒に試した友人の中で、肌の弱い人は赤くなってしまいました。
ご注意ください!

汗かきで体を使う仕事をしている主人は、コレ良いなぁ!と喜んでいました◎

出典:Amazon

靴を冷やして気になる匂いも一掃!靴クール

やっぱり気になるのは足元ですね。

靴の蒸れとかは避けられないので、この商品使ってみてください。

匂いも防いでくれる優れもの!

夏場は、意外と足臭が気になるものです。しかし、香料でごまかして消臭しても元区は変わらずでした。ところが、こちらの商品は、元区の臭いを消臭してくれますので優れものです。この夏は、足臭を気にせずにいられそうです。ありがとうございました。

出典:Amazon

服が冷んやり気持ちくなる!シャツクール

服から体を冷やしちゃおうというのがこの商品。

これならどんな場面でも使えそうです。

しかも大容量なのでお得!

炎天下で仕事することも多い私にはこの商品は救いの一つです。ぎらつく太陽の中に出ても思わず鼻歌がでるほど(ほんとうです)ひんやりします。たしかに持続時間はよくみて1時間。でも弱くなったらまたそのままシャツの上からスプレーすれば我にかえったようでまた鼻歌気分復活です。タオルをすこし湿らしそれにこれをスプレーして首から下げればさらにききます。帽子の中にもスプレーしておくと頭冴えます。この暑い夏、そもそも暑さにきわめて弱い私にはもうこれは手放せなくなっています。

出典:Amazon

塗ると冷やしてくれる日焼け止め!日焼け止め

女性は欠かせない日焼け止め。

どうせなら涼しくなる日焼け止めの方いいじゃんということで、この商品を紹介しました。

ほぼ満点の評価!

近くのお店では見かけない商品です。
クールと言うだけあって、つけた瞬間はひんやりして気持ちいいです。
べたつきも無く、軽いです。
これで日焼け防止出来れば嬉しいです。

出典:Amazon

冷たいシートでしっかり汗ふき!汗ふきシート

汗ふきシートはあった方いいです。

顔のべたつきや嫌な感じを吹き飛ばしてくれます。

結構枚数多いので、友達や家族とシェアできます!

他社の同じような目的の製品ではメッシュ生地でない紙素材に成分を染み込ませたものがありますが、それだと夏場にガシガシと拭き取ろうとすると簡単に破れてしまいますが、この製品はメッシュ生地なのでそう簡単には破れないので大判生地を活かして一枚で顔・首・耳のうしろなど一通り拭いてさっぱりすることが出来ます。

このタイプの製品で一番最初に買ったのがこの製品なんですが、その後出先のコンビニで同種の他社製品を買ったりしてみても未だこれ以上だと思えるものには出会っていません。なので、職場で使う分などはこうやって Amazon でまとめ買いしておいて家から補充して使っています(笑)

出典:Amazon

 

【ファッション編】

オシャレさと日焼け防止を兼ねそなえてる!帽子

この帽子かぶってる人フェスでよく見かけますね。

ノースフェスはおしゃれだし質もいいのでおすすめします。

この機会に!

隠れて配置されているメッシュのおかげで蒸れません。
ゴムでフィット感も調整できて良い感じ。

出典:Amazon

カッコよさと紫外線から目を守る役割を兼ねそなえてる!サングラス

サングラスの定番レイバン。

目が紫外線でやられまくるのでひとつは持ってきたいところ。

このレイバンかっこいいし値段安すぎ!

やっぱり正規品はいい!
レンズがいいので目が疲れずしかも眩しいのを防いでくれます。
フレームについては今更言うこと無いです。
ただ、ツルをたたむとき国産眼鏡は大概左側からですがイタリア製は右側からがデフォなんでしょうか、慣れを要します。

出典:Amazon

ブランド性と歩きやすさを兼ねそなえてる!シューズ

数あるブランドの中でも特に歩きやすいのがニューバランス。

しかもオシャレだし言うことないです。

なんせフェスは歩数が多くなるので、歩きやすく疲れないこのクツが個人的に一番おすすめ!

黒を購入数回履きました、柔らかく足を包む感じで歩いて疲れ知らず さすがニューバランス同じぐらいの値段の靴とは明らかに違います良かったです。

出典:Amazon

フェスっぽさと可愛らしさを兼ねそなえてる!Tシャツ

かわいいTシャツを紹介。

とにかく色んなデザインがあって、フェスで着るにはもってこい。

絶対目立つのではぐれた時にも役立つかも!

注文して正味10日目に届く(前回確か16日目だった)。
商品自体は「ええよ」。
肌触りや吸湿性/撥水性共に最高。
コレからのシーズン楽しみ。
有り難う御座いました。

出典:Amazon

夜寒くなったとき用に持っていくべし!マウンテンパーカー
昼間は暑いのに夜信じられないくらい寒くなるのが北海道のフェス。

1泊するフェスの場合、マウンテンパーカーのような上着は絶対必要!

フェスでモンベル着てる人多いです。

価格も安い、軽い、その割に機能は文句なし。
薄いユニクロのダウンの上にこれを着ていますが、身軽で温かい。
コストパフォーマンス考えると非常にオススメだと思います。
サイズも少しゆとりがあって、インナーを着ること考えたらちょうどよかったです。。

出典:Amazon

突然雨が降ってきたとき用に持っていくべし!カッパ

突然の雨は野外フェスでは当たり前。

天気を見て、少しでも降りそうなら持参すべきでしょう。

最近のカッパはこのポンチョがかわいい!

フェスで大活躍でした!価格も安いからやむを得ませんが、数回のみしか使えないと思います。サイズは170cmの身長でリュックごと被せても、丈も幅もまだ余裕があるぐらいです!

出典:Amazon

 

【小物編】

オーガニックでかわいい!虫よけスプレー

虫よけスプレーまでオーガニックの時代なんですね。

パッケージもかわいいし、安心して使えるので女性におすすめ!

お子さんがいる方にも使ってほしいです。

 

ポイ捨てはダサい!携帯灰皿

タバコを吸う人は必須です。

フェスでは喫煙所でしか吸えない場合もありますが。

とにかくひとつもってポッケに入れときましょう!

さっそく使用して見ました。サイズが丁度いい感じで、5本程度は入るようです。
開口部分が大きく、また密閉性がいいので灰が漏れることはありません。
永く付き合っていける良品です。

出典:Amazon

ライブ中の水分補給はマスト!ペットボトルホルダー

ペットボトルを持ち歩きたいときに便利なのがこのペットホルダー。

僕なんかこれがなかったせいで袋に入れてライブを聞く羽目に。

ライブ中は汗をかくことも多いので持って行ってください!

これは、良いね。途中でドリンクを飲みたい時には簡単に外せるので使いやすい。

出典:Amazon

 

【キャンプ用品編】

簡単に持ち運べてドリンクホルダーもついてる!チェアー

どこでも使えるこの手のイス。

フェスでは座りながら見ることもできるので、軽くてドリンクホルダーがついてるものが特におすすめです。

ドット柄でかわいい!

片方ドリンク。片方小物(ゴミとか)。便利です。
キャンプ地でよく見かけるこいつですが、ベストセラーなのも納得の品質と値段。

出典:Amazon

夜の必需品!ランタン

これは欠かせません。

そんなランタンの中でも特に人気なのがこれでした。

72時間も連続点灯だから安心!

様々なところで評判のこのランタン。実際に使ってみましたたが、テントの中では明るすぎるほどに十分な光量です。単一が何点ですが、スペーサーを使って単三で利用していますが一晩の使用では切れることがありませんでした。

出典:Amazon

車から荷物を持ち運ぶのに便利!ワゴン

これはあったらめちゃくちゃ便利!

駐車場までの距離が遠いフェスでは荷物運びが本当に大変なんです。

これ使って楽してください。

さすが有名メーカー品。しっかりしていて子どもが乗っても大丈夫。
タイヤも大きくて、凸凹のある地面でも安心して引っ張れます。

出典:Amazon

広くて虫も防いでくれる!タープ

タープはいろいろありますが、この虫よけ付きがおすすめ。

なんてったてみんなが1番嫌がるのって虫ですから。

そんな虫の多い場所でもこのタープがあれば安心です。

いろいろタープなどさがしてみましたが、高い。
キャンプには、どうしても、蚊の侵入を防ぐものが必要です。
実際に使ってみましたが、この値段を考えれば、よかったと思います。
しかし、意外に大きかった、キャンプ場では、1サイトに入らないかも。
寝る、テントは、別のところに張りました。
次の日に少し雨が降りましたが、大丈夫でした。

出典:Amazon

誰でも簡単に組み立てれる!テント

フェスは女の子だけで行く人も多いはず。

そんな場合でも簡単に組み立てれるのがこのテント!

あえて組み立ての難しいテントにして近くの男性に手伝ってもらうのもアリです。

使い勝手、価格共にすごく満足しました!
設営も超簡単で女性でもすぐに出来ます!
風が多少強く吹いても、周りの人のワンタッチテントは、つぶれたり、傾いたりしてましたが、自分のは、びくともしませんでした(^_^)/
カートとセットは、カラーも揃えて最高です(^_^)/

出典:Amazon

 

フェスには準備が欠かせません。

そして、案外過酷なものもあります。笑

なのでしっかりと準備を整えて、北海道ならではのフェスを楽しんでください!

 

The following two tabs change content below.

R.H

Super hyper ultra positive 人間。 世界を旅して、もっと自由に、もっと楽しく生きようと思った結果、ブロガーという働き方に辿り着く。 とカッコつけて言ってみたものの、実はちょっとアルバイトを掛け持ちしただけでそっこーストレス性の病気を患い、自分のやりたいことだけやって生きようと決めたことの方がきっかけとしては大きい。 「北海道から世界をカエルベ!」をコンセプトとしたブランディング事業も経営。 最終的にはマザーテレサのような人間になりたいとわりと本気で思っている。

ABOUTこの記事をかいた人

Super hyper ultra positive 人間。 世界を旅して、もっと自由に、もっと楽しく生きようと思った結果、ブロガーという働き方に辿り着く。 とカッコつけて言ってみたものの、実はちょっとアルバイトを掛け持ちしただけでそっこーストレス性の病気を患い、自分のやりたいことだけやって生きようと決めたことの方がきっかけとしては大きい。 「北海道から世界をカエルベ!」をコンセプトとしたブランディング事業も経営。 最終的にはマザーテレサのような人間になりたいとわりと本気で思っている。