2017年ライジングサンに出演する「福原美穂」は札幌出身!

今年もいよいよRISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZOがやってきます。今回はそこに札幌出身の福原美穂さんが出演するということなので紹介します!

 

 

出典:http://fukuharamiho.com/

 

福原美穂さんは札幌市の南区出身のシンガーソングライター。

ものすごい歌唱力の持ち主として注目され、一時期音楽番組にもバンバン出ていました。

テレビではあまり見かけなくなりましたが、昨年第一子を出産したそうです。

 

生い立ち

アメリカ人のクォーターで[3]、歌手を志したのは小学校3年生の時。母親にマライア・キャリーの「MY ALL」を歌ってと頼まれ、初めて歌ってみたところ、すごく喜んでくれたというのがきっかけ[4]

2002年12月16日、中学3年生の時、北海道テレビ(以下HTB)のテレビ番組『情報ワイド 夕方Don!Don!』のコーナー「サビから選手権」にマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」で出場し、優勝[5][6]。そのビデオが2年ほど後にレコード会社(ソニー)の目に留まってスカウトされ、デビューのきっかけをつかむ。それからじっくりとヴォイストレーニングをやりながら札幌市内でライブをしていた[7]

2006年北海道札幌南陵高等学校卒業後、HTBの音楽番組『夢チカ18』の企画で生まれたインディーズレーベルの夢チカレコードから、北海道限定でシングル「The Roots」とミニ・アルバム『Step☆Out』を発売し、合計10,000枚を売り上げる[8]。この際撮られたミュージック・ビデオディレクターを同局の『水曜どうでしょう』などで有名な藤村忠寿が担当した。[9]4月3日から9月末まで、FM NORTH WAVEでラジオ番『ONE★LOVE』のパーソナリティーを担当する[10]

2008年2月、ロサンゼルスSecond AME Churchにて、日本人としては初めて黒人教会でライブを行い、そのパフォーマンスが教会で高評価を受ける[11][12]2009年1月にも再訪しパフォーマンスを行った[12]。後に、HTB開局40周年記念「〜ありがとう40年〜全部たしたら10時間! ユメミル広場に大集合!」では生い立ちが紹介され、生ライブを行い、インタビューでは北海道を代表する歌手になりたいという意味で「北海道の星になりたい」と語った。

Wikipedia

 

そんな福原美穂さんが15歳のときに歌った映像がこれ↓

歌ってるのは多分駅前通り。

これはプロ行きますよね笑

松本人志もあまりの上手さに笑っちゃてます。

これだけの歌唱力と札幌出身ということで、個人的にはもっと売れてほしかった。

 

デビュー曲↓

 

デビュー後の素敵な曲も紹介します↓

 

ほんと素晴らしい!

この力強い歌声とメッセージ性の強い歌詞を歌う、日本にとって稀有な歌手であることは間違いありません。

AIや三浦大知とも曲を出していますし、載せた以外にもいい曲いっぱいありますので、そちらも見てみてください。YouTube 検索結果

 

そんな福原美穂さん、2017年のライジングサンでは、「さかいゆう feat.福原美穂 SOLAR JAM」として2日目の8月12日、BOHEMIAN GARDENで出演します。RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO

ライジングサンに行く人は、めったに生で聞けない福原美穂さんの素晴らしい歌声をぜひ聞きに行ってみてください!

 

MIHO FUKUHARA Official Site/福原美穂公式サイト

Fukuhara Miho – Twitter

 

The following two tabs change content below.

R.H

Super hyper ultra positive 人間。 世界を旅して、もっと自由に、もっと楽しく生きようと思った結果、ブロガーという働き方に辿り着く。 とカッコつけて言ってみたものの、実はちょっとアルバイトを掛け持ちしただけでそっこーストレス性の病気を患い、自分のやりたいことだけやって生きようと決めたことの方がきっかけとしては大きい。 「北海道から世界をカエルベ!」をコンセプトとしたブランディング事業も経営。 最終的にはマザーテレサのような人間になりたいとわりと本気で思っている。

ABOUTこの記事をかいた人

Super hyper ultra positive 人間。 世界を旅して、もっと自由に、もっと楽しく生きようと思った結果、ブロガーという働き方に辿り着く。 とカッコつけて言ってみたものの、実はちょっとアルバイトを掛け持ちしただけでそっこーストレス性の病気を患い、自分のやりたいことだけやって生きようと決めたことの方がきっかけとしては大きい。 「北海道から世界をカエルベ!」をコンセプトとしたブランディング事業も経営。 最終的にはマザーテレサのような人間になりたいとわりと本気で思っている。