一度は見たい!ひまわりの絵で有名なゴッホが札幌に来るんだって

今や世界中で最も高い評価を受けているオランダの画家ゴッホの絵が、この夏札幌にやってくる。

ゴッホといえば、生きているあいだに1枚しか絵が売れなかったことで有名だが、死後の現在、最も有名なひまわりはオークションで53億円もの値がつくほどの評価を受けている。

 

<ゴッホの代表作>

 

ひまわり

ジャガイモを食べる人々

星月夜

今回の「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」では、ゴッホの絵画表現に大きな影響をもたらしたといわれる日本美術の浮世絵が最大の見どころとなる。

残念ながら最も有名なひまわりは見られないが、世界中で愛され、評価される天才画家の絵を、この機会に生で見てみてはどうだろうか。

 

『ゴッホ展 巡りゆく日本の夢』

会期 8月26日(土)~10月15日(日)

場所 北海道立近代美術館 札幌市中央区北1条西17丁目

開館時間 9:30~17:00(入場は閉館30分前まで)

     ※金曜日のみ19:30まで

休館日 月曜日(9/18 10/9を除く)、9/19(火)、10/10(火)

お問い合わせ  011-644-6882

 

<リンク>

http://gogh-japan.jp/

 

The following two tabs change content below.

R.H

Super hyper ultra positive 人間。 世界を旅して、もっと自由に、もっと楽しく生きようと思った結果、ブロガーという働き方に辿り着く。 とカッコつけて言ってみたものの、実はちょっとアルバイトを掛け持ちしただけでそっこーストレス性の病気を患い、自分のやりたいことだけやって生きようと決めたことの方がきっかけとしては大きい。 「北海道から世界をカエルベ!」をコンセプトとしたブランディング事業も経営。 最終的にはマザーテレサのような人間になりたいとわりと本気で思っている。

ABOUTこの記事をかいた人

Super hyper ultra positive 人間。 世界を旅して、もっと自由に、もっと楽しく生きようと思った結果、ブロガーという働き方に辿り着く。 とカッコつけて言ってみたものの、実はちょっとアルバイトを掛け持ちしただけでそっこーストレス性の病気を患い、自分のやりたいことだけやって生きようと決めたことの方がきっかけとしては大きい。 「北海道から世界をカエルベ!」をコンセプトとしたブランディング事業も経営。 最終的にはマザーテレサのような人間になりたいとわりと本気で思っている。